学術情報

NEWS TOPICS獣医療関係者向けです。

2013年:Cyniclomyces guttulatusが確認された犬にナイスタチンを投与した10例 (第22回 中部小動物臨床研究発表会)

〈要約〉 急性および慢性に下痢(一部で嘔吐)や削痩を呈し、鏡検下においてCyniclomyces guttulatusが確認された犬の10症例に抗真菌剤であるナイスタチンの投与を行った。以前同様な症例でイトラコナゾールに   よる治療を行ったが、幾つかの症例では治療が長期化するなど課題を残す結果となっていた。今回ナイスタチンを用いることにより症状の改善とともに大幅な治療期間といった好結果が得られた。 Key word:Cyniclomyces guttulatus、ナイスタチン、犬、下痢